メインページを飛ばす
  • 日本語
  • English
  • français

#2 伝統的な文化と国の経済成長と。 ケニア編

#2 伝統的な文化と国の経済成長と。 ケニア編

#2 伝統的な文化と国の経済成長と。ケニア編

ケニアの女性
 マンゴロベで扱うアイテムの裏話や貴重な生産国情報をQ&Aで

お伝えしていく企画。第2弾は「ケニア」です。
マンゴロベの中でもケニアといえば、

サイザルバスケットやケニアの無農薬紅茶は安定的な人気を誇り、

最近ではメルシリーズなどがSNSでも話題。
チェック柄のマサイシュカや、アフリカンテキスタイルを

代表するカンガ布などもファンが急増中で、なくてはならない存在の国です。

 

 

今回は、そんなヒットアイテムの生産を安定的に支え続けているケニア担当の

バイヤーに、マンゴロベのアイテムをこよなく愛するスタッフから

質問を投げかけてみました。

・・・が!

 

ケニア担当バイヤーの情報がとても熱い。

ケニア国内各地の貴重すぎる情報とケニア愛に溢れていたので、

今回は生産地情報、観光情報、アイテム裏話の3部構成で

お届けしたいと思います。

 

第1回目はケニアの手工芸産地情報。

通い詰めてきた彼だからこそ分かる、どのガイドブックにも

載っていないような情報が盛りだくさんです。

 

 

ケニア=繊維産業?!

繊維

Q1.
まず、ケニアはどんな国ですか?

 

A.
ケニアは豊かな自然を活かしたサファリツアーなど観光で有名です。

42の民族がいると言われていてマサイ人やトゥルカナ人などは今でも伝統的な文

化を色濃く残しています。

国連系の国際機関や商社、

物流系などで働いている人など他のアフリカに比べて日本人も
多く住んでいます。

主要な輸出品は石灰、バラ、紅茶、工芸品などです。

サイザルの生産や、マサイブランケットやアクリルサイザルのアクリルを作る

繊維産業もそれなりに雇用を生み出しています。

 

首都ナイロビ・2050年には世界トップ20の都市圏に

 首都ナイロビ

 

Q2.
ケニアには種類豊富なアイテムがありますが、地域によってどんな特色があるの

でしょうか?

 

A.

首都のナイロビはケニアだけではなく東アフリカの中心都市として、

ナイジェリアのラゴスやエジプトのカイロなどとともに今後を見据えて

世界的にも注目されています。

標高1800メールに位置している高原都市で一年中5月か10月のような天気です。

ナイロビではケニア人、外国人問わず起業も比較的盛んです。

地方からも若者や労働者がたくさん集まってきていますが

よほど優秀じゃない限り仕事が少なくよい職にはなかなかありつけません。

 

あくまで予想ですけど2050年頃から世界のトップ20ぐらいの都市圏になると言

われています。

 

ナイロビは都市の成長に道路の整備が追い付いていないので

渋滞が多発していてぼやぼやしているとあっという間に

夜になってしまうのでより早目早目の行動が必要になってきます。

工芸品のセレクトショップやローカルなマーケットもたくさんあり、

かごバッグから小物まで幅広く買付できます。

 

新幹線もあります!在来線特急くらいのスピード!

新幹線

 モンバサ

モンバサは東アフリカ最大の港ある街です。

マンゴロベのアイテムが詰まったコンテナはナイロビで積み込まれて

トラックでモンバサに運ばれ、ここで船に載せられます。

アラブやインドの文化の影響がある街並みや美しいビーチなど

海辺のリゾート地としての性格もあり、ナイロビとは雰囲気も民族も

主な宗教も違います。
アラブの影響でイスラム教徒が多く

カレー系の食べ物にはインドの影響も見られます。

中心街にはケニアカンガのブランドの店が立ち並びそのほとんどが

インド系ケニア人の運営です。

ナイロビからは約500キロ、高速道路(実際は日本の国道のような感じ)と

2017年にできた新幹線(実際は在来線特急ぐらいのスピード感)で結ばれています。

 

トラック

 

かご生産はリモートワーク?!

 現地の女性

カンバランド

マチャコスやキトゥイはカンバ人が多く住むエリアでカンバランドと

呼ばれています。サイザルバッグと木彫動物の生産地です。

全く降らないわけではないですが雨が少ない乾燥地帯です。


かごを編むのは主に女性。家事や畑仕事をしながら、内職で今風に言うなら

在宅ワーク、リモートワークでかごを編んでいます。

 

自然の豊かさ、素材の豊富さ

鍋を混ぜる女性

ナクル

ナクルはアフリカ大地溝帯に位置していて、湖も多く自然豊かな地域です。

雨も比較的多く、豊かな土地を活かした農業に

加え、花の栽培、牧畜、レジャーも盛ん。

ケナナニッターズの工房のある農場もこのエリアにあります。

 

歩く女性

タイタ

ナイロビからモンバサに延びる高速道路や新幹線沿いにあるボイという街が

中心の地域で、タイタバスケットの生産地です。

サイザル自体の栽培やサファリツアーで有名です。

キリマンジャロにも近く、湖も多くありこちらも自然豊かな地域です。

西部ケニア

ケニア西部、ビクトリア湖の周辺にはキスムやキシ―といった街があります。

キスム周辺ではヌビアバスケットやカロリナ椰子サイザルかごを

生産しています。

ビクトリア湖産の魚や白アリの幼虫など

他の地域と違った食文化があります。キシ―はソープストーンの産地です。

 

乾燥地帯とかごと鉱物資源

トゥルカナ

ケニア北部の非常に乾燥した地域でトゥルカナバスケットの生産地です。

独特の風習を保ったトゥルカナ人やトゥルカナ湖で有名です。

ケニアで一番貧しい地域ですが

豊富な鉱物資源があるとされ近年注目を浴びつつあります。

 

 

 

地域の特色と新しいアイデアを織り交ぜ生み出され続けるケニアの

ハンディクラフト。

国の成長とともに、目が離せません!

第2回のディープな旅行気分を味わえるケニア観光情報もお楽しみに。

"