メインページを飛ばす
  • 日本語
  • English
  • français
泥染・藍染

泥染・藍染

西アフリカでは古くから藍染が盛んで、代々親から子へ藍染文化が伝承されてきました。これらはヨルバインディゴと呼ばれるマメ科の藍植物で染められ、抗菌効果、防虫、防カビ、防臭効果など優れた作用があるといわれています。
独特な絞り染めの図案は、ラフィアの糸やキャッサバのデンプンを使い模様を描き出します。様々な意味がこめられ、多くの時間を費やし染められたアフリカの藍染です。

チェックしたアイテム

"